スポンサーリンク

ロボアドバイザーとは?ロボアドバイザーの特徴・メリット・デメリット

ロボアドバイザーロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは何か?前回「スマプロランクの詳細」と一気に2ランク上げる方法の中でランクアップ対象として出ていたロボアドバイザー。
みなさんは知っていますでしょうか?

一言で言うと資産運用を自動で行ってくれるサービスなんです。
管理人もロボアドバイザーを使っていますが自動で運用されていっています。

と言う事で今回はロボアドバイザーとは何かを紹介していきます。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、資産配分や商品の選定、発注などの資産運用を自動で行ってくれる自動資産運用サービスです。

最近CMでも見かけますし、注目されていますよね。

そんなロボアドバイザーには、「アドバイス型」と「投資一任型」の2つの種類があります。

アドバイス型は投資のポートフォリオの提案のみを行い売買は自分で行うもの。
投資一任型は提案だけでなく、実際の運用をロボアドバイザーが自動で行ってくれます。

何もしなくても自動で運用してくれるなんて楽ですよね。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーの特徴

ロボアドバイザー特徴は簡単な質問に答える事で下記の提案などを行ってくれます。

・リバランス作業の補助
・ポートフォリオの提案
・投資信託の提案
・ETFの提案
・詳細シミュレーション
・自動積立購入
・リバランス
・税金最適化

アドバイス型だと最終決断は自分自身ですが、投資一任型だとロボアドバイザーが判断して実行してくれます。

投資一任型は入金さえしてしまえばロボアドバイザーが自動で運用してくれるので楽ですよ♪

スポンサーリンク

ロボアドバイザーのメリット・デメリット

ロボアドバイザーは自動で運用してくれたり、アドバイスをくれたりと便利なサービスです。
ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

どんなメリット・デメリットがあるか見ていきましょう。

ロボアドバイザーのメリット

・入金すれば自動で運用される
・知識不要で投資が出来る
・小額から投資が可能

知識不要で小額から投資出来るのがメリットですね。
何より自動運用で何もしなくても良いって所が手間がかからず楽です♪

ロボアドバイザーのデメリット

・元本割れのリスクがある
・短期間で大きな利益は見込めない
・手数料がかかる

自動で運用してくれるとはいえ、相場によっては元本割れする可能性があります。
長期目線での投資なので短期間では大きな利益は見込めず長い目が必要になります。

メリット・デメリットを知った上で投資するか考える必要がありますね。

スポンサーリンク

各ロボアドバイザーの最低投資額と手数料

ロボアドバイザーは自動で運用してくれるサービスですが、各社によって最低投資額が決まっています。
ここでは、ロボアドバイザー各社の最低投資額と気になる手数料について見ていきましょう。

ロボアドバイザーのサービス一覧

サービス名最低投資額手数料
ウェルスナビ100,000円年1%
THEO(テオ)10,000円年0.5~1%
FOLIO(フォリオ)100,000円年0.5~1%
マネラップ(マネックス証券)1,000円年0.991%
投信工房(松井証券)100円年0.36%
楽ラップ(楽天証券)100,000円年0.702%

※手数料は投資額やプランによって変わってきます。

最低100円から投資出来るものもありますね。
松井証券マネックス証券THEO(テオ)なら少ない金額で試す事も出来ますので、感覚を掴んでから他のサービスを使ってみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに管理人はウェルスナビで投資額100,000円から始めています。
その投資額がどうなっているかは別の記事で公開しますね。

スポンサーリンク

おわりに

ロボアドバイザーについて簡単にまとめてみました。
自動で資産運用出来るって簡単ですよね。

興味がある方は松井証券マネックス証券THEO(テオ)の最低投資額から始めてみてはいかがでしょうか?
下記に一覧を記載しますので参考にしてみて下さいね。

ロボアドバイザー一覧<公式サイト>

ウェルスナビ
THEO(テオ)
FOLIO(フォリオ) 
・マネラップ(マネックス証券
・投信工房(松井証券
・楽ラップ(楽天証券
トップへ戻る