スポンサーリンク

IPOとは?初心者でも出来る!新規公開株でローリスク・ハイリターン投資をはじめよう!

IPOとは?初心者でも出来る!新規公開株でローリスク・ハイリターン投資IPO(新規公開株)

当ブログに訪問頂きましてありがとうございます。

「かとやす」(@tatiaipo_kabu)です。

みなさんはIPO投資をしているでしょうか?

勝率が高くかつハイリターンのIPO投資は昔から人気がありますよね。

今回はそんなIPOについて書いてみました。

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)とは?なぜローリスクなの?

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場させる新規公開株の事を言います。

企業にとっては上場する事で直接金融市場から広く資金調達することが可能となりますし、上場による知名度の向上や社会的な信用をアップさせるといったメリットがあります。

IPO株は公募価格(売出価格)より高い上場初値が付く事が多いため、勝率が高くローリスク・ハイリターンな投資法であることが知られています。

そんなIPO株は上場前の抽選に当選する事により事前に購入する事が出来ようになりますので、是非とも抽選に当選したいですね(^-^)

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)の勝率は8割越え!

過去5年間のIPOの傾向では、公募価格を初値が上回ったIPOの割合は平均で8割を超えています。

つまり初値で売却した場合の勝率が8割を超えているって事ですね。

過去5年間のIPO勝率一覧

年度IPO件数公募価格より
初値が上回った件数
勝率
2019年90社77社85%
2018年89社79社89%
2017年90社82社91%
2016年83社67社81%
2015年92社82社89%

勝率8割を超えていますが、IPO株は勝率だけでなく利益も大きいんです。

2019年のお宝IPO株

2019年のお宝IPOのTOP3は下記になります。

銘柄名公募価格初値初値売り利益
サーバーワークス4,780円18,000円1,322,000円
Welby5,200円18,030円1,283,000円
AI inside3,600円12,600円900,000円

IPOに当選し、初値で売却するだけで2倍~4倍になっている銘柄もあります。

ちなみに2018年には約10倍なんて銘柄も!

銘柄名価格初値初値売り利益
HEROZ4,500円49,000円4,450,000円

IPOに当選し初値売りするだけで100万円以上の利益を得られるなんて夢がありますよね♪

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)の抽選配分と裁量配分の違いとは?

ローリスクでハイリターンなIPO(新規公開株)投資ですが購入するためには証券会社での申込みが必要となります。

申込みする証券会社によって、裁量配分か抽選配分に分かれます。

裁量配分とは

裁量配分とは証券会社の担当者によってIPO銘柄が振り分けられます。

取引が多い顧客や大口の顧客に対して優先的に配分されているので、取引の無い顧客に対して配分される可能性は低いです。

私のような一般人にとっては敷居が高いかもしれませんが、この域に達するように頑張ります!

抽選配分とは

抽選配分とは、1口座や1申込単位に対して機械的に抽選を行う配分方法で、ネット証券会社は抽選配分を行っている会社がほとんどです。

1口座単位で抽選を行うネット証券は申込み単位に関係なく当選確率は一緒ですが、1申込み単位で抽選を行うネット証券は資金力に左右されます。

当選確率で言うと1口座単位で抽選するネット証券での申込みが当選の可能性がありますね。

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)のメリット・デメリット

ローリスクでハイリターンなIPO投資にもメリット・デメリットがあります。

IPO(新規公開株)のメリット

IPO株は公募価格(売出価格)が割安に設定されている場合が多いため、公開前に事前にIPO株を安く手に入れられる可能性があります。

そのため下記のようなメリットがあります。

・初値が公募価格を上回る可能性が高い
・初値が公募価格の数倍なんて事もチラホラ
・購入手数料が無料
・抽選に外れても損をしない
・上場後の株価上昇・業務拡大・株式分割などの期待がある
・初値で売れば過去5年間の勝率平均が8割以上

このようにローリスク・ハイリターンでメリットが大きいですね。

IPO(新規公開株)のデメリット

IPO株はメリットばかりのように感じますが、もちろんデメリットもあります。

・初値が公募価格を下回る可能性がある
・株価が落ち着くまで時間がかかりブレやすい傾向がある
・当選確率がかなり低い
・証券会社によっては申込資金が拘束される

やはり利益が出る可能性がある反面、損失が出る可能性はあります。

ただ、初値で売る場合はリスクは限定的になりますね。

スポンサーリンク

おわりに

このようにIPO投資は勝率が高く、ローリスク・ハイリターンな株投資です。

なかなか当選はしませんが、当選すると大きな利益を得る可能性が高いです。

IPO投資は立会外分売より当選確率が低いので長く地道な申込が必要となりますが、リターンは立会外分売とは比べ物にならない程大きいので抽選に当選したいものですね♪

私は地道に申込み続けていますよ笑

スポンサーリンク
初心者必見!【1株投資】取扱証券会社
Tポイントを使うならSBIネオモバイル証券
LINEポイントを使うならLINE証券
LINE証券キャンペーンキャンペーン情報
ロボアドバイザーで資産運用
ロボアドバイザーとは? メリット・デメリット
ウェルスナビで資産運用?ウェルスナビをはじめた理由
ロボアドバイザーの運用履歴管理人の過去の運用履歴
立会外分売お役立ち情報!
勝率70%以上立会外分売とは?
必要な物立会外分売を始めるには?
銘柄選びのポイント8つのポイント
立会外分売にオススメの証券会社7社の証券会社
あると便利!ネット銀行

【ツイッターにて更新情報など発信中(^-^)】

【ブログランキング参加中】
にほんブログ村 株ブログ 立会外分売へ  

【RSSリーダーで購読する】
follow us in feedly 

地道に稼ぐ!立会外分売・IPOでローリスク株投資 - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

IPO(新規公開株)
スポンサーリンク
地道に稼ぐ!立会外分売・IPOでローリスク株投資+α
トップへ戻る